熱交換器の働きを妨げるスケールとは

  • 省エネの工夫を取り入れたい

    • ビジネスを円滑に進めるためにはある程度のエネルギーを利用することが必要になってきます。

      省エネの情報をお届けします。

      しかしそれは自然環境にとって問題となることですし、できるだけ無駄なエネルギーは使わないで済むような努力を取り入れていきたいものです。
      ちょっと工夫してみるだけで不要な冷暖房などをカットできれば省エネにつながりますから、ぜひ工夫を取り入れていきましょう。



      まずは服装での調節です。
      真夏でもオフィスでスーツを着込んでいるという形では強い冷房が必要になってしまいます。



      また冬も暖かい服装をすれば設定温度を上げなくても済むようになります。


      ひざ掛けなども利用することでそれほど温度が高くなくても快適に過ごすことができるようになるのです。


      こうすることでエアコンなどに使うエネルギーを減らすことができます。
      省エネで環境に優しいという事だけではなく、コストを下げることにもつながっていくのです。季節に応じた服装を認めていくという事や、調節することを推奨していくなど会社全体で取り組んでいくようにするのがおすすめです。

      さらに暑い時期には窓からの日差しを遮るという事も有効です。

      日差しが強いところはカーテンやブラインドで遮ってみることや、グリーンカーテンを取り入れてみるというのもよいでしょう。

      それだけでも冷房効果がかなり変わってきます。
      こうしたちょっとしたことで省エネにつながり、コストも下げられるという事であれば積極的に取り組んでいきたいものです。


top