エアコン内部のメンテナンスと熱交換器の掃除について - 熱交換器の働きを妨げるスケールとは

熱交換器の働きを妨げるスケールとは

  • エアコン内部のメンテナンスと熱交換器の掃除について

    • エアコンの室内機内部には空気中の埃が室内機に入らないにするためのフィルター、空気の温度調節を行う部品の熱交換器、空気を循環させるための筒状のクロスフォローファンの3つがあり、これらのおかげで快適な生活を実現してくれます。

      今、評判なのはこちらの熱交換器のメンテナンスに関連した情報が掲載されています。

      エアコンは定期的なメンテナンスを行わなければ効率が悪くなり、故障の原因に繋がります。

      但し、エアコンのメンテナンスで利用する人々が出来るのはフィルターの清掃などで、他の部分については専門知識を持つ業者に委ねるのが一般的と言えましょう。ちなみに、エアコンは長く使い続けていると設定温度を下げても部屋が涼しくならなくなるなどのトラブルが起きる事がありますが、このような時にはガスを注入する事で従来と同じように快適に利用出来るようになるケースが多いのです。



      そのため、ガスの充填などについても定期点検をお願いする時に合わせて行っておくと安心です。
      熱交換器はアルミ製の板状の部品で、何枚も均等に並んでいるのが特徴です。外側の蓋を開けるとフィルターがあり、その奥に並んでいるのがアルミ製の熱交換器になります。


      アルミはとても柔らかい金属、熱の伝導率が高いなどからもエアコンの熱交換器に最適な部品です。


      柔らかいため、掃除をする時には潰さないように注意しなければなりませんが、使い古しの歯ブラシなどを使って隙間に溜まっている埃をきれいに取り除く、埃を取り除いた後は洗浄液を吹きかけるなどのメンテナンスを行えば効率が元の状態に戻りやすくなります。



top